一般財団法人 食品産業センター HACCP関連情報データベース

登録に必要な毒性試験の種類

化学的・物理的危害要因情報

化学的危害要因

農薬

  • 農薬残留基準
  • 登録に必要な毒性試験の種類
  • 農薬取締法の改正

登録に必要な毒性試験の種類

従来は「食品の安全性」とは、製造する環境を清潔にし、きれいにすれば安全な食品が製造できるであろうとの考えのもと、製造環境の整備や衛生の確保に重点が置かれてきました。そして、製造された食品の安全性の確認は、主に最終製品の抜取り検査(微生物の培養検査等)により行われてきました。

急性毒性を調べる試験 急性毒性試験(経口、経皮、吸入)
眼刺激性試験
皮膚刺激性試験 皮膚感作性試験
急性神経毒性試験
急性遅発性神経毒性試験
中長期的影響を調べる試験 90日間反復経口投与毒性試験
21日間反復経皮投与毒性試験
90日間反復吸入毒性試験
反復経口投与神経毒性試験
28日間反復投与遅発性神経毒性試験
1年間反復経口投与毒性試験
発ガン性試験
繁殖試験
催奇形性試験
変異原性に関する試験
急性中毒症に関する情報を得る試験 生体機能への影響に関する試験
動植物体内での農薬の分解
経路を把握する試験
生体内運命に関する試験

HACCPの情報

HACCPの情報

PAGETOP
JFIA

一般財団法人食品産業センター