一般財団法人 食品産業センター HACCP関連情報データベース

2.新ロジスティックモデルの開発

予測微生物学

2.新ロジスティックモデルの開発

増殖の基本モデルとして、ゴンペルツモデル、バラニーモデルが国際的によく知られ、エキスパートモデルの中でも実際に使われている(2,3)。しかし、これらはそれぞれ問題点があった(3)。そこで、藤川らは生物個体数を表すために以前から使われていたロジスティックモデルを基に新たな増殖モデルを開発した(4)。本モデルは一定温度および変動温度に対して予測可能であり、現在、液体中、固体表面および内部での大腸菌などに適用できている(5,6)。さらに牛乳中の黄色ブドウ球菌の増殖とエンテロトキシンの予測もできた(7)。 腸炎ビブリオについては上記の環境要因を考慮したモデルを別途単独に開発した。すなわち、温度以外に各種の食塩濃度および水素イオン濃度(pH)条件下での本菌増殖予測が可能である(新ロジスティックモデル(腸炎ビブリオ版)エクセルプログラム)。ただし、ここで温度は定常温度である。

サルモネラ(血清型:エンテリティディス)については本モデルを用いて実際の鶏挽き肉、液卵(殺菌および未殺菌)、牛ひき肉中での増殖を解析し、さらに変動温度下で予測することができる(8-12)。また、牛肉中での予測プログラムでは、サルモネラの初期汚染菌数がある範囲であれば、未知の初期菌数でもその増殖を予測できる(12)


資料)

  1. Whiting, R. C., Buchanan, R. L. (1994): Microbial modeling. Food Technol., 48, 113-120.
  2. Gibson, A. M., Bratchell, N., Roberts, T. A. (1987): The effect of sodium chloride and temperature on the rate and extent of growth of Clostridium botulinum type A in pasteurized pork slurry. J. Appl. Bacteriol. 62, 479-490
  3. Baranyi, J., Roberts, T.A. (1994): A dynamic approach to predicting bacterial growth in food. Int.J. Food Microbiol. 23, 277-294.
  4. Fujikawa, H., Kai, A., Morozumi, S. (2003): A new logistic model for bacterial growth. J. Food Hyg. Soc. Japan. 44, 155-160.
  5. Fujikawa, H., Kai, A., Morozumi, S. (2004): A new logistic model for Escherichia coli growth at constant and dynamic temperatures. Food Microbiol. 21, 501-509.
  6. Fujikawa, H., Morozumi, S. (2005): Modeling surface growth of Escherichia coli on agar plates. Appl. Environ. Microbiol. 71, 7920-7926.
  7. Fujikawa, H., Morozumi, S. (2006): Modeling Staphylococcus aureus growth and enterotoxin production in milk. Food Microbiol. 23, 260-267.
  8. Zaher,S.M., Fujikawa, H. (2011): Effect of native microflora on the growth kinetics of Salmonella Enteritidis strain 04-137 in raw ground chicken. J. Food Prot.74,735-742.
  9. Sakha, M.Z., Fujikawa, H. (2012): Growth kinetics of Salmonella Enteritidis in pasteurized and unpasteurized liquid egg products. Biocont. Sci. 17, 83-90.
  10. Sakha, M.Z., Fujikawa, H. (2013): Prediction of Salmonella Enteritidis in pasteurized and unpasteurized liquid egg products with a growth model. Biocont. Sci. 18, 89-93.
  11. Sabike,I.I., Fujikawa, H.,Edris, A.M. (2015): The growth kinetics of Salmonella Enteritidis in raw ground beef. Biocont. Sci.20, 185-192.
  12. Fujikawa, H., Sabike,I.I., Edris, A.M. (2015): Prediction of the growth of Salmonella Enteritidis in raw ground beef at various combinations of the initial concentration of the pathogen and temperature. Biocont. Sci.20, 215-220.
  13. 藤川浩他 2006 各種温度下における微生物増殖予測プログラムの開発 食衛誌 47, 288-292.
  14. Fujikawa, H., Kimura, B., Fujii, T. (2009): Development of a predictive program for Vibrio parahaemolyticus under various environmental conditions. Biocont. Sci. 14, 127-131.
  15. Fujikawa, H., Sakha, M.Z. (2013): Development of a predictive program for Salmonella Enteritidis growth in ground chicken and liquid egg products. Biocont. Sci. 18, 175-179.

HACCPの情報

HACCPの情報

PAGETOP
JFIA

一般財団法人食品産業センター