一般財団法人 食品産業センター HACCP関連情報データベース

フィンランド

海外HACCP情報

フィンランド

食品衛生

食品衛生は食品の安全性を改善する優良衛生規範のことです。鍵となる取り扱いは、食品中で増殖する健康被害をもたらす危害要因を減らす、排除するまたは予防することである。 健康をもたらす危害要因には、食品中の生物的 (微生物、寄生虫及びプリオン)、化学的 (毒性物質やアレルゲン等)または物理的危害要因(金属異物, 硬骨等)が含まれる。

食品事業者は、供給する食品の安全性に責任がある。これは事業者が製品の工程及び製品の安全性及び衛生をコントロールすることを支援する自己点検のシステムで保証される。 事業者は、食品及び取扱い、施設及び操作に関する衛生規則の要求事項を遵守しなければならない。例えば、事業者はいわゆる衛生パスポートで衛生上の能力を示すことが義務付けられている。

フィンランドでは, 衛生規則を遵守しているかは、市の食品コントロール機関及び地域州の行政庁で監視され、また、食肉検査のように一部は、フィンランド食品安全庁 (Evira)で監督される。

食品安全及びコントロール

食品コントロールの目的は、食品の安全性を保証し、また品質及び組成物の情報が正しいことを保証することにある。

優良衛生規範は、食品安全の統合された一部です。フィンランド食品安全庁 (Evira) は、食品衛生及び規則、輸送及び会社の自主的なモニタリングに関するアドバイスを提供している。食品の衛生に強い影響を与える市場クレームの監督も行っている。

参考ページ

  自己点検

  HACCP(フィンランド語)

HACCPの情報

HACCPの情報

PAGETOP
JFIA

一般財団法人食品産業センター